東京八丈島へ行くならフェリーより飛行機がオススメ!飛行機で安く行く方法はコレ

八丈島

東京にある南国「八丈島」へ行くなら、フェリーではなく飛行機を利用するのがオススメです。飛行機を利用すれば東京から南国リゾート地へ55分で行くことが出来ます。すぐ近くなので、1泊する必要もなく日帰りでダイビングやシュノーケリングといったマリンアクティビティ、見晴らし最高の温泉、山から見る絶景などを満喫することが出来ます。

この記事では、八丈島の魅力や八丈島へのアクセス方法、そして飛行機で安く行く方法などをまとめて紹介しています。

スポンサーリンク

八丈島とは

八丈島

八丈島とは、東京都に属する太平洋の島々“伊豆諸島”の中の島の一つです。伊豆諸島には有人島が9つあり、八丈島はその一つ。八丈島以外には、伊豆大島・利島・新島・式根島・利蔵島・神津島・三宅島・青ヶ島があり、八丈島は伊豆大島に次ぐ2番目の大きさを誇ります。

八丈島は東京から南約287kmに位置する島。年間の平均気温は18.1℃で温暖な気候。青い空と海に恵まれ、島内にはヤシの木やハイビスカスが咲き誇り南国情緒漂う島です。その特徴から日本のハワイとも呼ばれ、観光地として非常に人気の場所です。東京から1時間以内で行けるということもあり、都内からの日帰り旅行の行先としても人気。

八丈島の魅力

①東京から一番近い南国

ハイビスカス

八丈島は東京から一番近い南国と言われています。羽田空港から飛行機に乗って約55分で行くことが出来るので、わざわざ沖縄へ行かなくても南国リゾートを楽しむことが出来ます。島内にはハイビスカスが咲き誇り、気候も温暖でゆったりとした空気が流れているので、都会での疲れを癒すことが出来ます。

②伊豆諸島最高峰、標高854.3mの八丈富士

八丈島の山

八丈島人気の観光スポットは、伊豆諸島最高峰の標高854mを誇る八丈富士。富士山のような綺麗なシルエットの山で、登山口から1時間ちょっとで山頂まで登ることが出来ます。登山道は整備された道で、初めての登山でも登りやすいです。また、登山道から見える景色は格別。さらに火口には、まるで空へとつながる道と早速するほどの神秘的な天空の道と呼ばれる道があり、山頂の含め最高の絶景を楽しむことが出来ます。

また、八丈島には八丈富士だけじゃなく三原山という10万年以上の歴史を持つ山もあります。三原山は見晴らしの良い山でたくさん展望台があります。周囲には人気の温泉「みはらしの湯」とはじめ多数の温泉と滝があるので、展望台や温泉、滝めぐりをするのもオススメ。

③オーシャンビューが広がる牧場

ふれあい牧場

八丈富士の登山入り口のところには、ふれあい牧場があり牛を間近で見ることが出来ます。牧場からは八丈ブルーのオーシャンビューが広がっており、景色も最高です。八丈島ジャージーアイスを食べながらゆったりとした時間を過ごすことが出来ます。

④八丈ブルーと言われる美しい真っ青な海でのダイビング、シュノーケリング体験

八丈島の海

八丈島はマリンアクティビティで有名。八丈ブルーと言われるほど美しい青い海が広がっているので、ダイビングやシュノーケリングを楽しむのには恰好の場所。八丈島はカメの島と呼ばれるようにウミガメとの遭遇率が高いことでも有名。そのためダイビングの際に悠悠と泳ぐウミガメを見れる可能性も高いです。

また、海水浴場付近にはキャンプ場もあるので目の前にオーシャンビューが広がる場所でキャンプをするのもオススメ。

⑤島寿司を始めとする絶品の島グルメ

八丈島のグルメ

八丈島の有名なグルメと言えば、島寿司。黒潮の恩恵を受けたメダイやトビウオを醤油漬けにして甘目の酢飯とカラシで頂くご当地グルメ。また、通常のくわやに比べるとマイルドと言われる八丈島のくさやも有名。さらには天ぷらにしたり、うどんに練りこんだりして食べる明日葉も有名。

八丈島へのアクセスは2通り

①飛行機(ANA)

ANA

  • 運行会社:ANA(全日空)
  • 料金:約13,000円~25,600円
  • 本数:1日3便(3往復)
  • 所要時間:55分

八丈島への一つ目のアクセスは、飛行機を利用する方法。現在、八丈島への飛行機は、ANAが運航する「羽田-八丈島」の1区間のみ。JALやジェットスター、ピーチといったLCCの運航はありません。また、東京(羽田)発の飛行機のみで、関東以外から八丈島へ飛行機で行く場合は、東京(羽田)で乗り継ぐ必要があります。

八丈島行きの飛行機は、羽田空港第二ターミナルより出発し、約55分で八丈島に到着します。1日の便は、3便。料金は、約13,000~25,600円。

行き(羽田発八丈島着)の飛行機の時刻表

①7:30発8:25到着
②12:15発13:10着
③15:50発16:24着

帰り(八丈島発羽田着)の飛行機の時刻表

①9:00発9:55到着
②13:55発14:50着
③17:25発18:20着

②フェリー(客船さるびあ丸)

  • 運航会社:東海汽船
  • 料金:8,420円~23,590円
  • 本数:1日1本(1往復)
  • 所要時間:10時間20分

八丈島への二つ目のアクセスは、フェリー(船)を利用する方法です。現在、八丈島へは東海汽船の運航する「客船さえびあ丸」に乗っていくことが出来ます。客船さえびあ丸は、全長120m・全幅15m・総トン数4.992t・旅客定員1546人の大型客船です。船内には、特等室から2等室までの6種類の客室があり、そのほかにレストラン、シャワールーム、更衣室、デッキなどがあります。

客船さえびあ丸は、東京・竹芝客船ターミナルを夜に出発し翌朝に八丈島に到着します。1日の運航本数は1本(1往復)のみですが、雑魚寝の客室を選べばかなり安く八丈島へ行くことが出来ます。

行き(東京・竹芝発八丈島着)の船の時刻表

①22:30発8:55着

帰り(八丈島発東京・竹芝着)の船の時刻表

①9:40発19:50着

八丈島へ行くなら飛行機を利用するのがオススメな理由

空を飛ぶ飛行機

八丈島へ行く方法は、飛行機かフェリー(船)かの二択。基本的には、飛行機を利用して行くのがオススメです。

理由①東京から1時間以内で行ける!

飛行機をオススメする一番の理由は、約55分とすぐに行けるから。船を利用する場合は片道だけで約10時間20分もかかってしまいます。船は、行きは夜出発で寝ている間に八丈島に着くので良いのですが、帰りは朝出発で日中ずっと船の上で過ごさないといけないので大変です。また、飛行機なら1泊しなくても日帰りで行くことが出来ます。

理由②ゆっくりと八丈島を満喫できる!

飛行機の便は朝と昼と夕方の1日3便。土曜日の朝に東京を出発して日曜日の夕方の飛行機で帰ることが出来るので、土日の2日間たっぷりと八丈島を満喫することが出来ます。フェリーだと金曜日の夜に出発しても、日曜日の朝の船で帰らないといけないので八丈島を満喫できるのは土曜日の1日だけになってしまいます。

理由③航空券は意外とフェリー並みに安く買える!

フェリーは、大部屋でみんなで雑魚寝する客室を選べば飛行機よりも安く八丈島へ行くことが出来ます。飛行機は通常のチケットは高いのですが、安いチケットを手に入れることが出来ればフェリーほどとはいかなくてもそれなりに安い料金で八丈島へ行くことが出来ます。

八丈島行きのANA航空券を安く買う方法

全日空の飛行機

八丈島行きのANAの格安チケットを手にする方法は、「早割運賃(SUPER VALUE)」を予約すること。ANAのスーパーバリューは、早い段階で航空券を購入することで通常料金から高い割引を受けることが出来るチケットのことです。スーパーバリューは、搭乗75日前・55日前・45日前・28日前・21日前と購入時期によって5種類あり、購入時期が早ければ早いほど高い割引を受けられるようになっています。

  • 通常運賃 25,600円
  • スーパーバリュー28 13,790円
  • スーパーバリュー45 13,690円
  • スーパーバリュー55 13,590円

例えば、羽田・八丈島の通常片道運賃は、25,600円。これを高い割引を受けられるスーパーバリューで購入すれば13,590円(スーパーバリュー55)で買うことが出来ます。ちなみにこの金額は、2020年1月15日に3月14日朝出発分の航空券を調査した段階での金額。本来であればもっと割引率の高いスーパーバリュー75もあります。

スーパーバリューは、一度予約すると便の変更が出来ない、キャンセルする場合はキャンセル時期に応じたキャンセル料が発生するといったデメリットがあるものの、安くANA航空券を購入出来るというので、かなり人気。八丈島行きのANA航空券を安く手に入れるなら、このスーパーバリューを利用するのがオススメです。

また、スーパーバリューはANA予約ページから購入可能。

八丈島旅行で気を付けたいところは、“欠航率”の高さ

八丈島の荒れる海

八丈島へ旅行に行く際、気を付けておきたいのが欠航率の高さ。八丈島行きの飛行機、船はどちらとも他の区間の便に比べて欠航率が高いです。八丈島は一年間を通して強い風が吹くので、台風シーズンではなくても強風や濃霧などによる欠航が多くなります。

また、すぐに欠航となる場合以外に、条件付きのフライトも多々あります。八丈島上空の天候が悪い場合、取りあえず付近まで行ってみて着陸が無理そうだったら羽田空港に引き返すという条件付きのフライト。当然、行ってみてダメで引き返しとなったらそのまま欠航となります。

八丈島へ行くなら秋冬は避けて夏に行くのがオススメ

空から見た八丈島の景色

八丈島へ行く場合のベストシーズンは、夏休み、お盆休みです。この時期は、南国の島らしい晴れた天気で八丈島の旅行を満喫するには恰好の時期。さらに飛行機の欠航も他の時期に比べると少ないです。

逆に絶対に避けるべきは、台風シーズンの9月、10月あたり。この時期は台風による欠航が多くなるため、この時期に八丈島へ行く予定ならある程度の欠航は覚悟しておくべきです。また、12月から2月にかけての冬の時期も風が強く欠航となる可能性が高いです。八丈島は温暖な気候とは言ってもさすがに冬は風も強くて寒いです。

最後に

八丈島のハイビスカス

八丈島はANAの飛行機を利用すれば55分で行くことが出来ます。早割運賃を予約すれば、飛行機でもかなり安く行くことが出来るので、是非ANAのスーパーバリューを活用してみましょう。