飛行機に乗ると足がむくむのを解消するおすすめのむくみ対策グッズ5選

むくみ対策グッズ

飛行機を利用する出張や旅行で大きな悩みとなるのが、足のむくみ。特に移動時間が長い海外旅行では国内旅行と比べて足のむくみに悩む人が多くなります。足がむくんでしまうと、足がだるくなったり、疲れを感じたり、痛みを伴ったり、パンパンにはった見た目に憂鬱な気分になってしまい、せっかくの旅行が台無しになってしまいます。

せっかくの旅行を楽しむなら、機内で出来るむくみ対策を把握しておき、さらに機内へ持って行くと良いむくみ解消グッズを事前に準備しておくのが良いでしょう。この記事では、機内で簡単に出来るむくみの対策と、効果が期待出来るむくみ解消グッズを紹介しています。

飛行機に乗ると足がむくむ・・・その原因は?

足のむくみに悩む女性

飛行機に乗るといつも足がむくむ・・・。そんな悩みを抱えている人は意外と多いです。その原因は、機内は足がむくむ原因となる血行不良が起こりやすい環境だからです。

私たちの体の中では、体の隅々に酸素と栄養素を届けるために心臓が全身に血液を送り出す役割を担っています。全身に届いた血液は各細胞から排出された不要な二酸化炭素や老廃物を回収し、ふくらはぎの筋肉がポンプのような役割を果たすことで心臓へと戻っていきます。なんらかの要因によってふくらはぎの筋肉のポンプの役割が機能しなくなると、下半身に余分な水分や老廃物が溜まってしまいむくみが起こります。

長時間同じ姿勢でいる

機内の座席はファーストクラス(プレミアムクラス)、ビジネスクラスではない限り、足を伸ばしたり、体を動かしたりするのは難しく、長時間同じ姿勢でいることになります。そのため、血行が悪くなり足のむくみにつながります。

機内の気圧の変化

機内の気圧は、地上の気圧を1気圧とした場合、約0.8気圧。これは標高2,000mの環境と同じで、富士山で例えると5合目くらい。台風シーズンになると気圧の変化によってむくみやすくなるように、機内の気圧の変化はむくみの原因となります。

機内の乾燥による水分不足

機内の湿度は22~26℃くらい。地上の湿度は30~60℃くらいなので、機内がいかに乾燥している環境か分かります。当然そのような環境下にいると体内の水分を失ってしまうので、水分不足によるむくみが起こりやすくなります。

身体の冷え

機内は多くの乗客が快適に過ごせるようにエアコンによる空調システムが機能しています。しかし、飛行機に搭乗してみると分かりますが、感覚としては少し肌寒いと感じることが多いと思います。その理由は、暑いよりは寒い方が対策がしやすいため。出来るだけ多くの人が暑さを感じないようにやや低い温度設定となっています。冷えは血行不良を起こしむくみの原因となります。

飛行機でのむくみ解消に対策グッズを持ち込むのがオススメ

機内にむくみ対策グッズを持ち込む

飛行機での足のむくみを解消するためには、むくみ解消グッズを機内へ持ち込むのがオススメ。足のむくみ解消となる定番アイテムの着圧タイツ、着圧ソックスを始め、各メーカーからいろいろなむくみ対策グッズが販売されているのでそれらを事前に準備して機内へ持ち込んでみましょう。

当然エコノミークラスの座席では、むくみ解消効果が期待出来るアイテムをアメニティとして提供してもらえることは通常ありません。また、一般的なむくみ解消グッズで機内持ち込み禁止となるアイテムは無いので安心して機内へ持ち込むことが出来ます。

機内に持ち込みたい!オススメのむくみ解消グッズ

冬の旅行にオススメ!人気着圧タイツ

スリムウォーク「美脚タイツあったか満足ストレスフリー」

着圧タイツ

秋冬の寒い時期の機内でのむくみ解消グッズでは、着圧タイツが人気。着圧タイツは、履くだけで足に適度な圧力をかけることが出来、下半身に溜まっている古い血液を心臓へと戻す手助けをしてくれるアイテムです。空の旅に慣れているCA(客室乗務員)さんも多くの人が飛行機搭乗時は着圧タイツを愛用しているとのこと。

着圧タイツでは、スリムウォークの美脚タイツあったか満足ストレスフリーがオススメ。通常のタイツよりも温かく、機内での冷え対策にも効果があります。さらにストレスを感じにくい履き心地の良い着圧タイツになっているので、長時間のフライトでも快適に着用することが出来ます。

長距離移動の定番中の定番着圧ソックス

「寝ながらメディキュット(ロング)」

着圧ソックス

着圧タイツ同様、着圧ソックスも機内でのむくみ解消の定番のアイテム。特に着圧ソックスは機内で簡単に脱ぎ履き出来るので、着圧タイツよりも使い勝手は良いです。着圧タイツは暖かい時期だと使いづらいですが、着圧ソックスなら季節を問わずオールシーズン活用することが出来ます。

着圧ソックスで人気が高いのがメディキュット。特に寝ながらメディキュットは機内での使用に人気。低めの着圧設計となっているので、長時間着用する場合も安心。さらに機内で就寝する時にも安心して着用出来ます。つま先は揺れないようにオープンタイプになっています。

短時間で効果が高い!ふくらはぎ、足指、足裏の3点ケアソックス

スリムウォーク「クイックリセット」

指開き着圧ソックス

より高いむくみ解消効果を狙うなら、スリムウォークのクイックリセットがオススメ。就寝時や長時間の着用には向きませんが、サッと足をスッキリとさせたい時に使うのに重宝します。機内でむくみが気になってきた時やホテルで休憩を取る時などの使用にオススメ。

クイックリセットは、通常の着圧ソックスとは違って、足指と足裏もケア出来る優れモノ。足の指をグイッと広げることでパンプス着用による指先の疲れを解消し、さらに足裏を刺激することで足全体の疲労感を軽減。短時間で足をスッキリさせたいという場合に重宝するアイテムです。

機内での使用に特化して作られた着圧ソックス

ドクターショール「フライトソックス」

機内用着圧ソックス

飛行機での使用に特化したソックスとして人気が高いのがドクターショールの「フライトソックス」。外出用やお家用とした着圧ソックスが多い中、この商品は唯一フライトでの使用に特化した商品。なかなか普通の着圧ソックスではむくみ解消の効果が得られないという人にオススメ。

また、着圧タイツ・着圧ソックスは女性向け商品がほとんどですが、こちらの商品は男性も利用出来る商品です。男女兼用で、見た目は普通のビジネスシーンで着用する黒のハイソックスなので男性も普通に着用しやすいです。出張でたくさん飛行機を利用するというビジネスマンにオススメ。

足裏に貼るだけで脚スッキリするシート

「足リラシート」

足リラシート

着圧タイツや着圧ソックス以外に、足裏に貼るシートタイプのアイテムもむくみ解消にオススメ。特にシートタイプで人気が高いのが「足リラシート」。

足リラシートは足裏に貼るだけで天然樹液パワーによって足裏から不要な水分をケアし、足をスッキリとさせることが出来る商品です。足のむくみ解消や疲れをいやすのに効果が期待出来るので、足リラシートもオススメ。

足リラシート
足リラシート
¥1,200 (¥40 / 枚)(2020/08/28 20:57時点)

グッズを持ち込む以外に出来る対策

エコノミークラスの機内

機内へ着圧タイツ、着圧ソックスといったむくみ解消グッズを持ち込む以外にも機内で出来るむくみ対策があります。毎回飛行機に乗る度に足のむくみに悩んでいる人は、着圧アイテムと同時に以下の対策も試してみるのがオススメです。

上に羽織るものを準備しておく

機内は体感的に寒いと感じることが多いので、上に羽織るものを準備しておくのがオススメ。寒さで体が冷えてしまうと血液の巡りが悪くなり足のむくみの原因となります。そうならないためにも、上に羽織るカーディガンやひざ掛けとなるブランケットなどを持ち込むと良いです。

楽な服装で乗り込む

機内へは出来るだけ楽な服装で乗り込むのがオススメ。スキニーパンツのように体を締め付けるようなタイトな服は出来るだけ避けるのがベストです。最近はお洒落にゆったりと着用出来るストレッチ素材を使ったパンツも多いので、そういった服を選ぶと良いです。

機内でスリッパに履き替える

機内では靴を脱いでスリッパに履き替えるのが楽です。ずっと靴を履いているとリラックス出来ません。スリッパを持ち込み、飛行機搭乗後すぐに足を解放してあげましょう。

トイレに行くついでに体を動かす

飛行機に搭乗したらトイレに行くついでに体をしっかりと動かすのがオススメ。立ち上がるついでに座席近くでちょっと上半身を動かしてみたり、広いスペースへ移動してストレッチをしたりと体を動かすようにしましょう。体を動かすことで筋肉を刺激でき、血流を良くすることが出来ます。

座席でふくらはぎを動かす運動をする

立ち上がるだけではなく、座席に座った状態でも運動をすることは出来ます。足のむくみの原因は、長時間座り続けて足のふくらはぎを使わないため。座席に座った状態で、かかとを地面につけてつま先を上げ下げしたり、逆につま先を地面につけてかかとを上げ下げしたりすることでふくらはぎを動かすことが出来ます。

水分補給を心掛ける

機内の乾燥した環境下では、水分不足に陥りやすいので機内へペットボトルの飲み物を持ち込み水分補給を心掛けるようにしましょう。国際線の場合は保安検査場でペットボトルは没収されてしまいますが、保安検査通過後の売店や自動販売機で買ったペットボトルは問題無く機内へ持ち込むことが出来ます。

毎回飛行機に乗ると足がむくむなら座席は通路側がオススメ

通路側の座席

毎回飛行機に乗ると足がむくんでしまって困っているという人は、座席選びを見直してみるのもオススメ。飛行機の座席は外の景色を眺めることが出来る窓側が人気ですが、窓側は立ち上がる時に真ん中の座席の人、通路側の座席の人と隣とその隣の人に気を遣うためなかなか身動きをとることが出来ません。そのため、足のむくみに悩む人に窓側の席はオススメ出来ません。

一方、通路側の座席は隣の人が立ち上がる度に自分も立ち上がる必要があるなど面倒な部分もありますが、いつでも気軽に立ち上がったり、トイレに行ったりできるので、体を動かしやすい座席です。そのため、足のむくみに悩む人にはオススメの座席です。特に長時間のフライトとなる海外旅行ほど、身動きをとりやすい通路側を選んでおくのがオススメ。

最後に

空港でスーツケースを持つ女性

せっかくの楽しい旅行なのに飛行機で足がむくんでしまうのはつらいもの。家族旅行や友達との旅行、一人旅を思う存分楽しむためにも、機内でのむくみ対策はしっかりとしておきたいところ。特に着圧タイツ・着圧ソックスが、機内でのむくみ解消に人気なので、旅行に出かける前に一つ準備しておくのがオススメです。