スカイマークのセール・バーゲン攻略法!格安航空券を購入するコツはコレ!

スカイマークのバーゲンセール運賃「SKYセール」が非常にお得。神戸発着の飛行機に3,000円で乗れる、しかも座席指定も受託手荷物も無料なのでLCCのセールを活用するよりも航空券代を安く済ませることも可能です。

このお得な運賃はWEB限定のセール。スカイマーク公式サイトでしか予約することが出来ないチケットで、一般的な旅行会社や航空券比較サイトでは入手できない特別な格安チケットです。

そんなスカイマークのセールチケット「SKYセール」の押さえておきたい特徴を紹介しつつ、セール当日に確実に希望便を予約するためのコツも紹介しています。SKYセールが気になっている人は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スカイマークの全運賃で今一番安いのは「SKYセール」

スカイマークの航空券は3日前まで買える「いま得」と1日前まで買える「たす得」が人気。以前はより早い時期に予約することで高い割引率の効いた「SKYバーゲン60・45・28・21」や期間限定セールの「WEBバーゲン」といったチケットがありましたが、今は割引の効いた安いチケットと言えば「いま得」と「たす得」の2つ。

いま得とたす得は共に普通運賃に比べて高い割引が効いたチケットで安いのですが、さらに安いのが「SKYセール」。SKYセールは常時販売されるチケットではなく、不定期に期間限定で発売されているレアチケットです。今現在、スカイマークで発売される航空券で一番安いのが、このSKYセールです。

安いセールチケット「SKYセール」の料金

路線 価格
神戸-仙台 3,000円~
神戸-長崎 3,000円~
福岡-那覇 3,000円~
茨城-那覇 3,500円~
名古屋-那覇 4,500円~
東京-那覇 5,500円~

スカイマークの「SKYセール」の最大の特徴は“運賃が安い”こと。

スカイマークの早割運賃、直前割運賃として人気の高い「いま得」と「たす得」も安いですが、それを遥に凌ぐ安さを誇るのがSKYセールです。

上記の路線別の価格は2018年6月1日から6月3日に発売された「SKYセール ハツ旅キャンペーン」の料金です。SKYセールは大体最低価格3,000円前後の料金設定で、かなり安い価格で飛行機を利用することが出来ます。

もちろん、ジェットスターやピーチといったLCCのセール価格と比較すると、ぱっと見の安さは見劣りしますが、ピーチとジェットスターのセール運賃は座席指定と受託手荷物に追加料金がかかることを考えると座席指定と受託手荷物が無料のスカイマークのセール運賃は非常にお得です。

スカイセールの発売時期はいつ?

直近3年の発売時期
2018年 2017年 2016年
5月 1月/2月/8月/9月 2月/7月/9月/10月

お得な運賃であるSKYセールはいつ発売されるのか気になるところ。ピーチやジェットスターでは毎年かなり高い頻度でセールを開催していますが、スカイマークではセールの開催頻度はそれほど高くありません。2016年と2017年は計4回のSKYセールを開催していますが、2018年は「名古屋-鹿児島線と鹿児島-奄美大島線就航記念」の1回のみ。

開催時期は特に決まりは無く毎年不定期に開催されています。さらにセール開催頻度はそれほど多くないので、SKYセールは激レアチケットと言っていいでしょう。

セール情報をいち早くゲットする方法

SKYセールのチケットは年に十何回も開催されるようなセールではないため、数少ないチャンスをものにするためにもセール情報は見逃さないようにしたい。おまけにセール情報は発売開始直前に発表されることもあるので、随時セール情報をチェックしておくことが大事。

スカイマークのセール情報をいち早く手にする方法は主に「ウェブサイト」と「SNSアカウント」の2つの方法があります。

方法①ウェブサイトをチェック

スカイマークの最新のセール情報はスカイマークウェブサイト・モバイルサイトで確認出来ます。セール情報はチケット発売開始の15日ぐらい前に発表され、発売日当日は朝7時から3日間程度の期間限定で発売されることが多いです。

スカイマークのセール情報を見逃したくない人は定期的にパソコンからウェブサイト、スマホや携帯からモバイルサイトへとアクセスしておきましょう。

●スカイマークHPでセール情報をチェック

方法②SNSアカウントをフォロー

定期的にウェブサイトへアクセスするのが面倒という人は、スカイマークのSNSアカウントをフォローしておくと良いです。スカイマークはSNSカウントとしてFacebookページを持っているので、「いいね」または「フォロー」をしておきましょう。

そうすることで、スカイマークの最新のセール情報をタイムライン上で確認出来ます。

●スカイマークSNSアカウントをフォロー

SKYセールの希望便を確実に予約する必勝法

スカイマークのバーゲンセールチケット「SKYセール」は激戦。他の航空会社のセールに比べて開催頻度が低いので、発売開始と同時にすぐに席が埋まってしまうこともあります。希望の便の格安チケットを確保するために、しっかりと下準備をしてのぞむ必要があります。

必勝法①セール情報を入手

まずはセール情報を発売開始前に入手することが大切です。スカイマークのウェブサイトやFacebookページで最新のセール情報を手に入れましょう。

必勝法②公式サイトへアクセス

セール情報を手に入れたらスカイマークの公式サイトへとアクセスします。スカイマークのチケットは旅行会社での購入可能ですが、「SKYセール」に関してはスカイマーク公式サイトでのみ購入可能。旅行会社のウェブサイトや航空券比較サイトではなく、必ずスカイマーク公式サイトへアクセスしましょう。

必勝法③発売開始と同時に「検索」ボタンを押す

スカイマークの公式サイトへは発売開始時刻前にアクセスしておき、事前に「出発地」と「到着地」、「日付」を入力し、いつでも「検索する」を押して空席照会が出来るようにしておきます。そして発売開始と同時に検索をかけてすぐに希望の便の予約手続きを進めていきます。

また、その際には「名前(漢字)」、「名前(ローマ字)」、「年齢」、「性別」、「連絡先電話番号」、「メールアドレス」、「予約申込者(ローマ字)」といった必要事項を入力する必要があるので、すぐに入力できるようにしておくことも大切です。

SKYセールにはデメリットもある!購入前にしっておきたい注意点

スカイマークのセール運賃は安い、その反面デメリットもあります。初めて「SKYセール」を予約しようと思っている人はこのデメリットに注意しておく必要があります。

注意点①購入後は予約変更出来ない

SKYセールの注意すべき点の一つが、「予約変更不可」であること。一度チケットを購入してしまうと、出発地・到着地の変更はもちろんのこと、日時の変更も出来ません。

注意点②購入後はキャンセル(払い戻し)は出来ない

もう一つの注意点は、「払戻不可」であること。スカイマークの早割運賃「いま得」と「たす得」は出発前のキャンセルであれば払い戻し可能ですが、SKYセールは購入後の段階から一切払い戻しが出来ません。

スカイマークのバーゲンセール運賃「SKYセール」は購入後、予約変更も払い戻し(キャンセル)もできないので、購入後は必ずその予約便に乗るか、どうしても乗れないならチケット代全額を無駄にしてしまいます。そのため、予約する際に確実に搭乗出来る日程で予約しましょう。

最後に

スカイマークのセールは年間に開催される頻度はそれほど多くありませんが、運賃が非常に安く、座席指定料金も受託手荷物も無料なので、旅行に是非活用したいチケットです。また、普段では乗れない価格でスカイマークに乗ることが出来るので、普段行ったことがないところに取り敢えず行ってみるというのも楽しいです。

もちろん予約の際は予約変更が出来ないこと、キャンセル(払い戻し)は出来ないことには注意しておきましょう。