個性的でお洒落な「シフレ」の特徴とおすすめスーツケース6選

シフレのおすすめスーツケース

個性的でお洒落なスーツケースに出会えるブランド「シフレ(siffler)」。シフレのスーツケースはどれもお洒落で可愛く、他の人とはかぶらない個性的なスーツケース、キャリーケースがいっぱいです。また、女性向けのシリーズだけではなく、男心をくすぐるシリーズもあるため、女性だけではなく男性にも人気急上昇中。

この記事では、シフレのおすすめのスーツケースを紹介しています。シフレで人気のグラデーション模様で個性的なルナルクスやインテリアにもなるお洒落なユーラシアトランクを始め、本当にオススメのシリーズのみ紹介しています。

シフレとは

シフレ(siffler)は、2001年に埼玉県で誕生した旅行かばんブランドです。ハードタイプのスーツケースを中心に、キャリーバッグ、トラベルバッグ、トラベルポーチ、キャリーカートといった多数の旅行アイテムを展開しています。

シフレは比較的新しいブランドですが、その映える見た目の良さから女性誌を中心に多くの雑誌で紹介されています。また、TVドラマや映画でもシフレのスーツケースを見ることが多いです。マルイや伊勢丹、大丸松坂屋、高島屋といった有名百貨店で取扱いされており、その品質も折り紙付きです。

シフレのスーツケースの特徴

おしゃれで可愛い

シフレのスーツケースの特徴は、お洒落で可愛いこと。

多くの女性誌、ライフスタイル誌で取り上げられ、TVドラマや映画の小道具として使われているように見た目が映えるデザインが大きな特徴です。甘々の可愛いものから、大人の女性にぴったりな上品な可愛さのものまで、とにかく女性受けするスーツケースが多いです。旅先へ持って行けばきっと写真映えすること間違いなしです。

リーズナブル

シフレのスーツケースはお洒落で国内ブランドということで作りもしっかりとしていますが、価格は非常にリーズナブルです。一般的な有名ブランドのスーツケースは3万円を超えるものが多いですが、シフレのスーツケースの多くは1万円台で買うことが出来ます。

男心をくすぐるカッコイイモデルも

シフレのスーツケースは、女性向けシリーズである「EURASIA(ユーラシア)」や「LUNA LUX(ルナルクス)」以外に男性向けシリーズ「TRIDENT(トリデント)」もあります。トリデントシリーズは、グリップマスターを始め男性心をくすぐる見た目、機能性を備えたスーツケースになっています。

シフレのスーツケースの選び方

機内へ持ち込む場合は小さいサイズ(S)を選ぶ

飛行機の搭乗口へと移動する旅行者

シフレのスーツケースを飛行機機内へと持ち込みたい場合は、小さいサイズ(S相当)を選ぶ必要があります。機内へ持ち込めるサイズは、「高さ55cmx横幅40cmx奥行25cm以内」と決まっているので、その条件をクリアするスーツケースを選ぶ必要があります。また、ジェットスター(LCC)の機内へ持ち込む場合は、「高さ56cmx横幅36cmx奥行23cm以内」の条件をクリアする必要があるため、LCCを良く利用する人はよりサイズ選びに注意しましょう。

宿泊日数に応じた容量を選ぶ

スーツケースの選び方

  • 1~2泊→30~40L
  • 3~4泊→40~60L
  • 5~6泊→60~80L
  • 1週間以上→80L以上

シフレのスーツケースは各スーツケースによって、容量に違いがあります。当然容量が大きければ大きいほどたくさん荷物を詰めることが出来るため、より長い旅行に対応出来ます。宿泊日数に応じた容量の目安は上記の通りです。また、大きめか小さめで迷った場合、冬の旅行に使える、お土産をたくさん買っても対応できるよう大きめを買っておくのがオススメ。

シフレのおすすめスーツケース

ユーラシアトランク

シフレのおすすめスーツケース①

シフレで人気のスーツケース「ユーラシアトランク」。クラシカルなデザインで、写真映えするのは間違い無し。街中で持っていてもリゾート地へ持って行っても、どこでも映える抜群の見た目。旅行に行かない時は自宅でインテリアとしても飾っておくことが出来るほど、本当に見た目がお洒落で可愛いスーツケースです。ボディは高級感もある素材を使っているので、大人の女性にぴったり。

ユーラシア

内装もお洒落で実用的。ゴムタイプで小物の出し入れに便利なタック入りポケットがあります。また、キャリーバーは段階調節可能。キャスターは人混みの中でも安定した走行が出来る4輪キャスター。レトロな雰囲気と高級感漂うオススメのスーツケースです。

ルナルクス

シフレのおすすめスーツケース②

可愛いグラデーションデザインが特徴のスーツケース「ルナルクス」。とにかく可愛さたっぷりのスーツケースで、旅へ向けてテンションが上がること間違いなし。他ブランドのスーツケースには滅多にないグラデーション模様なので、他の人とかぶることなく自分の個性を存分に出すことが出来ます。また、キャリーオン出来るミニトランクも付いていて、お得。

LUN2116

可愛さだけではなく、実用性もバッチリ。スーツケースを開けると中には複数のポケット付きの中仕切りがあり、小物を収納しておくのに便利。ポケットは中身が見えるメッシュポケットと中身が見えないポケットと両方あるので用途によって使い分け出来ます。キャスターは360度自由自在に回転する4輪キャスターで扱いやすいです。

グリーンワークス

シフレのおすすめスーツケース③

シンプルな見た目で機能性の高いスーツケース「グリーンワークス」。シンプルで親しみのある丸っこいデザインのスーツケース。大きな特徴は、シフレのスーツケースの中でも特に機能性に優れていること。ボディは軽量さと頑丈さを兼ね備えたABCとポリカーボネートの混合素材を採用。軽くて扱いやすく、そして耐衝撃性にも優れているので、しっかりと中のものを守ることが出来ます。

グリーンワークス

スーツケースの中身は、左側にメッシュタイプのファスナーポケットが2つあり、右側にメッシュポケット1つと中身の見えない2つのポケットがあり、小物を仕分けして収納するのに便利。キャスターは日本老舗メーカー日乃本錠前製キャスターを採用しているので、滑らかな走行性。そして、スーツケースのサイドに台座があるので横置き可能。また、台座がフックにもなっているので、コンビニで買った袋などを引っ掛けておくことも出来ます。鍵は、ハワイ・グアム・サイパン含むアメリカ旅行に便利なTSAロック。

ゼログラ

シフレのおすすめスーツケース④

軽さを追求して誕生したのが、「ゼログラ」。機内持ち込みサイズで重量僅か2300gという驚きの軽さが大きな特徴。軽いスーツケースなので、機内へ問題なく持って行くことが出来ます。年々重量制限は厳しくなっていますが、この軽さのスーツケースであればたくさん詰めても大丈夫。また、35L仕様モデルであればジェットスター機内へも持ち込むことが可能です。

ゼログラ

ボディは上品な光沢感のあるデザインで、大人の上品さ漂うスーツケースといったところ。落ち着きのあるデザインなので、カジュアル旅行だけではなく、ビジネスシーンでも使えます。また、ハンドルは触り心地の良いやわらかハンドル採用。キャスターは日本製のサイレントキャスターで音が静かで走行性も良いです。

グリップマスター

シフレのおすすめスーツケース⑤

シフレが男性向けに展開するブランド「TRIDENT(トリデント)」。トリデントのスーツケースは、男心をくすぐるスーツケース。中でもグリップマスターと言われるシフレオリジナルのハンドルを上下に備えたグリップマスター搭載スーツケースが人気。グリップマスターがあることで、階段の移動や荷棚への積み下ろしが楽になります。

グリップマスター

見た目は、頑丈で高級感のある見た目。スーツケース開閉部はフレームを採用しているので、ファスナータイプのスーツケースよりも中の荷物の保護力に優れています。また、セキュリティ面でもバッチリ。鍵はアメリカ旅行に便利なTSAロック。キャスターは、凸凹の路面でも安定して走行出来るダブルホイールを採用。また、衣類の収納に便利なハンガーも付いています。

エスケープ

シフレのおすすめスーツケース⑥

シフレで人気のソフトキャリー。ソフトキャリーでありながらハニカムフレームを採用することで、軽さだけではなく強さも備えたキャリーとなっています。ソフトキャリーらしく外側のポケットは豊富で、表面と裏面にポケットがあり、移動しながらでも物を容易に出し入れすることが出来ます。旅行はもちろん、ビジネス出張でも重宝すること間違いなしです。

エスケープ

収納部は、凸凹の無いインナーフラットタイプとなっているので、スペースを最大限有効活用してたくさん荷物を詰めることが出来ます。フタ裏にはメッシュポケットがあるので、小物の収納に便利。また、バッグ掛けベルトを備えているので、サブバッグやお土産袋を引っ掛けて荷物を一つにまとめることが出来ます。軽くて使い勝手の良いソフトキャリーを探している人にオススメ。

最後に

スーツケースを持って飛行機を待つ人

シフレのスーツケースはとてもお洒落。個性的なデザインで他ブランドにはないデザイン、カラーリングが多く、ターンテーブルでもひときわ目立ちます。また、スタイリッシュな映えるデザイン性に優れたスーツケースで、機能性も良いのに、価格は非常にリーズナブル。他ブランドに比べて安いので、手を出しやすいです。是非シフレのスーツケースを使ってみてください。