ANAスカイコインの使い道はコレ!マイルよりお得に航空券が買える場合も!

ANAスカイコインはANA航空券購入に使えるものだけど、特典航空券と交換できるANAマイルとどう違うのか疑問に思っている人も多いはず。また、特典航空券と交換できるANAマイルと違って、特典航空券とは交換出来ないANAスカイコインはどういったメリットがあるのか、マイルと違ってどんな使い道があるのかも気になっている人が多いはず。

そこで、この記事ではANAスカイコインとANAマイルの違い、ANAスカイコインの使い道について紹介しています。また、ANAスカイコインは場合によってはANAマイルよりもお得に航空券を手にすることが出来るので、ANAスカイコインについて詳しく知っておくことはANAを利用する上で非常に重要です。

スポンサーリンク

ANAスカイコインとは

ANAスカイコイン

ANAスカイコインとはANAが発行する、ANA航空券・ANA旅行商品限定で使える「ANA専用電子マネー」のことです。

ANAスカイコインは主にフライトやクレジットカード決済で貯めたマイルと交換することで手にすることが出来ます。基本的に「1マイル=1コイン」で交換し、「1コイン=1円」で、ANA国内線航空券、ANA国際線航空券、ANAパッケージツアー(航空券+宿泊)で使うことが出来ます。

ANAスカイコインとANAマイルとの違い

ANAスカイコイン ANAマイル
有効期限 1年 3年
価値 1コイン=1円 1マイル=2円(相場)
使用 1円から 5,000マイルから
正規航空券予約 ×
特典航空券予約 ×
パッケージツアー(航空券+宿泊)予約 ×
マイル・プレミアムポイント獲得 ×
→スカイコインへ交換
→マイルへ交換 ×

ANAスカイコインとANAマイルは、どちらも基本的にANA航空券を利用する際に使うものであるのは同じ。どちらを使ってもANA国内線航空券、ANA国際線航空券と交換することが可能です。じゃあ何が違うのか。そこには大きな違いがいくつかあります。

マイルとスカイコインの違い①価値

マイルとスカイコインの大きな違いの一つ目は、「価値」です。

スカイコインの価値は「1コイン=1円」です。一方、マイルは「1マイル=2円」という相場がありますが、予約する航空券の路線、時期、クラスによって「1マイル=15円」以上の価値にもなります。特に、長距離国際線のビジネスクラス、ファーストクラスは正規運賃の価格が高額になるので、マイルの価値がかなり高くなります。

基本的に1マイルと1コインを比較した時、価値が高いのは断然マイルです。そのため、どちらを持っておくとお得かで考えると、断然マイルです。

マイルとスカイコインの違い②交換出来る航空券と使用方法

ANAマイル→特典航空券(最低5,000マイル~)
ANAスカイコイン→正規航空券(最低1コイン~)

二つ目の違いは「交換出来る航空券の種類と使用方法」です。

ANAマイルは特典航空券、ANAスカイコインは正規航空券(割引運賃含む)に使えるものです。反対にANAスカイコインで特典航空券、ANAマイルで正規航空券を手にすることは出来ません。

また、ANAスカイコインは10円単位で10円から航空券の購入に充てることが出来ます。差額分はクレジットカードで対応可能。一方のANAマイルは航空券との交換に必要マイル数が絶対必要。最低マイル数は5,000マイルで、希望の目的地へのマイル数が不足する場合は残りをクレジットカードで充当するといったことは出来ません。

マイルとスカイコインの違い③マイル・プレミアムポイント獲得の有無

ANAマイル→マイル・プレミアムポイント無し
ANAスカイコイン→マイル・プレミアムポイント有り

三つ目の違いは「マイル・プレミアムポイント獲得の有無」です。

ANAスカイコインの場合は現金で航空券を買った時と同様にマイル・プレミアムポイントを獲得出来ます。一方、マイルで交換した特典航空券の場合はマイル・プレミアムポイントを獲得出来ません。

ANAスカイコインであれば搭乗分のマイルを獲得出来、再度飛行機を利用する時にマイルとして、またはマイルをスカイコインへ交換して航空券との交換に利用出来ます。また、プレミアムポイントも貯まるので、年間プレミアムポイント獲得数に応じてランクが決まる上級会員を目指すことも可能です。

ANAスカイコインはどんな使い道がある?

  • 国内線航空券
  • 国際線航空券
  • 国内パッケージツアー
  • 海外パッケージツアー

ANAスカイコインの使い道は主に二つ。「ANA航空券」を購入する方法と「ANA旅行商品」を購入する方法の二つです。

提携航空会社の航空券と交換出来、他社ポイントと交換できるANAマイルと比べるとANAスカイコインの使い道は狭く、使い勝手が悪いと感じますが、それでも何かと使えるのがANAスカイコインです。

下記では、実際にどんな場面でANAスカイコインが使えるのか、おすすめの使い道を紹介しています。

おすすめの使い道①ANAパッケージツアー予約

ANAスカイコインはANAパッケージツアー(ANAスカイホリデー、ANAダイナミックパッケージ旅作、ANAマイレージクラブ会員限定ツアー、WEB限定ツアー、ANAワンダーアース、ANAハローツアー)に使うのがおすすめ。

ANAマイルは基本的に航空券(特典航空券)の予約ですが、ANAスカイコインは「航空券+宿泊」のお得なパッケージツアーに申し込むことが出来ます。パッケージツアーは航空券と宿泊ホテル込みでかなり安く予約出来るものも多いので、こういった場合にANAスカイコインを重宝します。

おすすめの使い道②特典航空券の予約が取れない時に使う

航空券のみを予約する場合、基本的にマイルの方がお得です。特にマイルの価値は国内線よりも国際線の方が高くなるので、国際線航空券を手にするならマイル利用がおすすめ。ただし、マイルと交換できる特典航空券は数に限りがあるので、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆といった時期の航空券はすぐに埋まってしまいます。

特にハワイ便は予約するのが困難で、予約しようと思っても既に特典航空券がなくなっていることがほとんど。そういった場合にANAスカイマイルが使えます。特典航空券は激戦ですが、通常購入の正規割引航空券は空いていることが多いので、マイルをスカイコインへ交換し、正規割引航空券購入にスカイコインを充てましょう。

おすすめの使い道③ANAマイル有効期限切れ間近に交換する

マイルはいつまでも貯めておけるものではありません。「ANAマイル有効期限」は3年です。この期限を過ぎてしまうと、たくさんマイルを持っていても意味がありません。有効期限切れのマイルは全て無効となってしまいます。

何もしないとマイルは有効期限切れでなくなってしまいますが、ANAスカイコインへ交換すればANAスカイコインとして有効期限までのもう1年は有効に活用出来ます。ただし、一度交換したマイルは「ANAスカイコイン→ANAマイル」へ戻すことは出来ないので要注意。

おすすめの使い道④SFC修行で使う

ANA上級会員を目指すSFC修行においてANAスカイコインは欠かせないもの。貯まったマイルをそのまま特典航空券へ交換してしまうと、その特典航空券でのフライトではマイルはもちろんプレミアムポイント(搭乗ポイント)も獲得することが出来ません。そのため、貯まったマイルはマイル・プレミアムポイントを獲得出来るANAスカイコインへと交換し正規航空券を買って飛行機に乗るのが鉄則です。

貯まったマイルをANAスカイコインに交換して使えば、SFC修行での出費を抑えつつ、上級会員を目指すことが出来ます。

ANAスカイコインを貯める方法

ANAスカイコインは現金のように正規割引航空券の購入に使えるので便利。おまけにマイルもプレミアムポイントも貯まるので、意外と使い勝手が良い。そんなANAスカイコインを貯める方法はいくつかあります。

マイルをANAスカイコインと交換

ANAスカイコインを貯める一番の定番の方法は、マイルと交換する方法です。保有するマイルは「1マイル」からANAスカイコインへ交換可能で、「1マイル=1コイン」で交換可能。また、交換倍率は交換するマイル数、会員ステイタス、保有するANAカードの種類によって異なってくるので、場合によっては1.7倍になることもあります。

他社ポイントをANAスカイコインと交換

ANAスカイコインは提携ポイントと交換することも可能です。交換時の換算率は各ポイントによって異なります。

SNSで投稿

ANAスカイコインは完全に無料で貯めることも可能です。それが、ANAが提供する「テーマ」に沿って投稿するだけでもれなく数十コインが貰えるというものです。ツイッターやファイスブックにテーマに沿った自分の答えを投稿するだけで簡単にANAスカイコインが貰えるので定期的に投稿しておきましょう。

ANAマイルはANAスカイコインへ最大1.7倍で交換可能!

ANAコイン

ANAマイルはANAスカイコインへ「最大1.7倍」で交換可能です。そのための条件は、年間3万プレミアムポイント(搭乗ポイント)以上を貯めた「上級会員」であることです。上級会員であれば最大1.7倍の交換レートでANAマイルをANAスカイコインへ交換可能。ただし、上級会員を目指すためには飛行機にたくさん乗らないといけないので最大1.7倍を現実のものにするのは難しいです。

ただし、「1.6倍」なら多くの人が可能です。1.6倍は「ANAゴールドカード」を保有していれば「50,000マイル以上」交換するときに可能です。例えば5万マイルをANAスカイコインへと交換するとき、8万コインを手にすることが出来ます。そのため、ANAゴールドカードを持っておくとかなりお得です。

ANA航空券予約するならANAマイル、ANAスカイコインどっちがお得か比較!

ANAマイルとANAスカイコインを比較すると、単純に価値が高いのはANAマイル。なので、航空券と交換する場合はANAマイルのが方がお得。ただし、場合によってはANAマイルとANAスカイコインとの差がそれほど無いことも多いです。下記では実際に国内線航空券と国際線航空券でANAマイルとANAスカイコインを比較しています。

国内線航空券

羽田・那覇往復航空券
クラス 正規割引運賃 必要マイル 必要スカイコイン
エコノミークラス 40,480円 21,000マイル 40,480コイン

国内線航空券「成田・那覇往復券」をANAマイルとANAスカイコインで比較した場合、マイルは21,000マイル必要で、ANAスカイコインは40,480コイン必要です。単純に比較すると、「ANAマイル」の方が圧倒的にお得です。

ただし、「21,000マイル」を1.6倍の交換レートでANAスカイコインへ交換した時、「33,600コイン」を獲得出来ます。残りはクレジットカードで6,880円を支払うのみなので、マイルとの差は「6,880円分」。マイルの方がお得なのはお得ですが、高い交換レートでANAスカイコインへと交換した場合はマイルとの差はかなり縮まります。

国際線航空券

成田・ニューヨーク往復航空券
クラス 正規割引運賃 必要マイル 必要スカイコイン
エコノミークラス 87,810円 60,000マイル 87,810コイン
ビジネスクラス 227,810円 100,000マイル 227,810コイン
ファーストクラス 377,810円 180,000マイル 377,810コイン

国際線航空券「成田・ニューヨーク往復券」を比較すると、エコノミーは60,000マイル必要。60,000マイルを1.6倍でスカイコインへと交換すると「96,000コイン」獲得出来るので、この場合はなんとANAスカイコインの方がお得。

ただし、ビジネスクラス・ファーストクラスになると圧倒的にANAマイルの方がお得です。それでも国内線と国際線のエコノミークラスではANAスカイコインで支払った方がお得な場合もあるので、ANAスカイコインで支払うという方法も選択肢に入れておくと良いです。

※上記のデータに関して。羽田・那覇往復券は往路2019年3月16日6時45分発、復路3月17日19時15分発。成田・ニューヨーク往復券は往路2019年12月3日、復路12月7日。調査日は2019年1月11日。

ANAマイルよりANAスカイコインがお得になるケースは「早期予約」

ANAマイルと比べて同等、或いはよりお得にANAスカイコインを使うためには、早期予約がおすすめ。ANAマイルの価値は比較する運賃が高いほどその価値が上がります。そのため、運賃が高くなる、搭乗日が近い予約ほどその価値が高く、逆に運賃が安い、搭乗日から遠い予約ほどその価値が下がってしまいます。

なので、早い時期に大きな割引が効いた航空券であればANAスカイコインを使ってもANAマイルと同等の価値、或いはそれよりもお得に航空券を手にすることが可能です。

それでいて次回以降の航空券予約時に使えるマイルや上級会員になるためのプレミアムポイント(搭乗ポイント)を獲得出来るので、ANAスカイコインは意外と使えます。

最後に

ANAスカイコインは意外と使い道が多いので、ANAマイルをANAスカイコインへ交換して航空券を買うのも有りです。また、プレミアムポイントが貯まるので、上級会員を目指す人にとっては、プレミアムポイントが貯まらない特典航空券しか交換出来ないマイルよりも使い勝手が良い。是非ANAスカイコインを使ってみましょう。